南国デート4日目: 消えたマーライオン

オーチャードをぷらぷら歩いてラッキープラザへ。 ラッキープラザとTangsが健在であることに毎回ホッとする。 シンガポールってあれだけガンガン新しい商業施設ができ続けているけど、老舗は老舗でそれなりに残ってるのがいいよね。
Lucky Chicken Riceでブランチ。 オーダーした10秒後にテーブルに現れる美味しいチキンライスたち。
f:id:marik:20190410213435j:image
ION OrchardのCoffee Beansでコーヒー休憩しながら、今日の予定を適当に考える。
f:id:marik:20190410213450j:image
まずは、 わたしの思い出散歩に付き合ってくれるとのことなのでお言葉に甘える。子どものころシンガポールで3回引っ越して、 現存しているっぽいのは一番最初に済んだオーチャードブルーバー ドにあるフラットのみ。 最後に住んでいたコンドミニアムがめちゃくちゃ素敵だったんだけど、今回旅行前にGoogleマップで見たら、 取り壊されて巨大なコンドミニアム群に変貌していて結構さびしかった。こっちはどうかまだ残っていますように、と歩いていると、 新しいシャレオツな高層ビルに囲まれて、ちゃんと残ってたー!
このまったくファンシーではないフラットで過ごした、幼少期の濃厚で愉快な思い出の数々が蘇ってくる。

f:id:marik:20190410213511j:image
 
ひとしきり思い出に浸り、タングリン方面に移動。今St. Regisがある裏のあたりに昔ちいさな一軒家があって、 そこに一人で暮らすイギリスの老婦人に英語を習いに行ってたんだ けど、めっちゃ怖い人だったな。
オーチャード手前のタングリンロードも大好きな通り。 落ち着くー。ものすごく暑いので、 路上のセブンイレブンキオスクでビール買って休憩。 TigerのWhite版って初めて飲んだけど、 フルーティでめっちゃ美味しい!普通のTigerより好き。
f:id:marik:20190410213526j:image
ホテルに戻ってプール行こう!とオーチャードを歩いてると、 どうも空模様が怪しく、遠くで雷がなり始める。 部屋にこもる可能性も考慮して、 高島屋の地下でお酒や食べ物ゲット。 インドにいる間お寿司に恋い焦がれていたIが寿司パックに狂喜。 あと、ポッキーを見ると「あ、ミカド」ってIが言うのが、 いかにもフランス暮らしが長かった人っぽくてウケる。
ホテルの屋上に行くと、雷がなってるからクローズします、 というサイン。仕方ない。部屋に戻る途中で、 お仕事中のJENOくんに遭遇。めちゃくちゃ可愛い。
f:id:marik:20190410213546j:image
雨も降り出したことだし、 部屋で寿司やYakunのカヤトースト食べながら飲んだくれ。 二人ともYouTubeの「今日ヤバい奴に会った」が大好きなので、 ずっとインド屋台の映像見ていた。 あれ見るとうっかりインドに行きたくなるマジック。
ホテルの部屋のクッションが超かわいい。”Awesome" は我々の合言葉なので、 チェックインしてこのクッション見つけた時二人で「!!」 ってなった。
f:id:marik:20190410213600j:image
夕方には雨が上がり、お出かけ。MTRの駅がゲーム・オブ・ スローンズ仕様になっててめっちゃ興奮!! しかしあれだけお色気&バイオレントな作品、 シンガポールではカットされまくりじゃないの? 今は規制ゆるくなったのかしら?

f:id:marik:20190410213616j:image
マーライオンへのご挨拶に向かう。 ラッフルズプレイスから遠い道のりを歩き、 まずはちっこいマーライオンに挨拶。この時、 珍しくこの子の周りが写真をとる人たちで混み合っていて、「 あれ?」と嫌な予感がしたのです。
f:id:marik:20190410213359j:image
そしたら案の定ですよ。御本尊がまさかの修復中。
f:id:marik:20190410213704j:image
マジか。
Iはシンガポール着いた直後に「マーライオンって何?有名なの? 」って聞いてきたぐらいなのでノープロブレム。 しかしマーちゃんに会えないってほんのりさびしいな。
とりあえずサンズと写真。
f:id:marik:20190410213754j:image
写真を撮ってくれた日本人女子たちが腕にすっごく素敵なヘナタトゥーを入れてて、リトルインディアで10ドルでしたよー、 と教えてもらう。翌日行ってみようかな、という気に。
ボートキーをぷらぷら歩き、 タイガービールの生が飲めるセブンイレブンを無事探し当てる。 店内のレジで注文すると、外に置いてあるタップで入れてくれる。 これは嬉しいわー!
f:id:marik:20190410213809j:image
お店の前にテラス席もあって、 川に面したカウンターに座ろうとしたら、近くの人が「 椅子濡れてるよ!」と教えてくれてセーフ。ありがとう。
f:id:marik:20190410213824j:image


子どもの頃から大好きなOCBCビルも健在。

f:id:marik:20190410213917j:image

シティホール方面まで歩いてChijmesで休憩 。ここ、大学時代は常に閑散としていたイメージだったんだけど、 今はかなり賑わっててシャレオツ度が増していた。 クレイジーリッチの結婚式の場面で出てきましたね。
f:id:marik:20190410213843j:image
さらにブギスまで歩き、 半オープンエアーのフードコートでいろいろオーダーして幸せ晩酌タイム。
f:id:marik:20190410213944j:image
さらにアラブストリートまで足を伸ばす。 人通りまばらな夜更けのアラブストリート、 なかなか風情があって素敵。
f:id:marik:20190410214146j:image
帰り道にMRT構内でジョン・スノウとドラゴン発見!
f:id:marik:20190410214011j:image

 

 

 

 

 


 

 

 

 

南国デート 3日目: バタムの天国からオーチャードの天国に移動

本日も波音で幸せな目覚め。最高オブ最高。

f:id:marik:20190320162202j:image
遅めの朝ごはんのバッフェは、 前夜のパーティピーポーの人数を思うと当然ながらほぼ空っぽ。 仕方ない。エッグステーションがあって良かった。 テーブルもほぼ埋まっているかノー片付け状態で、 唯一空いていたのがおなじみの賑やかインド人ファミリーの隣。
インド帰りのIはYESの時に頭を左右にクイクイする癖が染み付 いており、「大事なのは頭の振り方プラス表情なんだ。 あらゆる感情をこの二つの組み合わせで表現できる」 と力説しており、 インド人ファミリーにもフレンドリーに頭ふってで挨拶していた。
中庭ではインドネシア語でズンバの指導が行われており、 皆めっちゃ楽しそう。このホテル、 素敵ホテルに慣れている人たちの御眼鏡にはかなわないと思うけれ ど、わたしは大好き。 なかなか古めだけどメンテナンスはちゃんとしている様子だし、 スタッフもめちゃくちゃゆるいけど、 何か頼めばほぼほぼ対応してくれる。
あと、景観的には、ここの半水上ヴィラに関しては、 カイロのピラミッドビューのホテル、 バルセロナサグラダファミリア真正面の宿を抜いて断トツトップ に躍り出ました。 ここを超えるのはきっとボラボラの水上コテージであろうだろうけ ど、ここのゆるさが癖になる。
f:id:marik:20190320162217j:image
チェックアウトして、 バスでフェリーターミナルまで送ってもらったところで雨が振り始 める。南国の雨の匂い好き。船が出発する頃にはまた太陽登場。 さよならバタム。また来る !
f:id:marik:20190320162231j:image
タバコをシンガポールに持ち込むと、 確か一本から税金取られるので、 皆ラストスパートでタバコを吸いまくるフェリー。 旅行中だと全然タバコの煙が気にならないし自分でもちょっと吸い たくなる不思議。

 

Tanaha Merahに着いてシンガ入国。 ターミナルのタクシー待ちの大行列に反して全然こないタクシー。 こんなこともあろうかとGrab( シンガポールUberが撤退して、 Grabというサービスに変わった) のアカウント作っておいて良かった!無事配車。
イーストコーストでゴルフ打ちっ放しに興じた後にチリクラブを食 べるのが楽しみだった、サラリーマンのような幼少期の思い出や、 ブギスで遊んでいた大学時代、 北京語を習いに毎週通っていたCith Hall界隈の思い出など、 目に入る景色ごとに思い出うぃ語っていると、 道路の表示を目にしたIが「Clemenceau Avenue」 とわたしが子どもの頃の住所をボソッと呟いたので、「 わたしが住んでたとこ! アパートメント取り壊されて道路になったところ!」と興奮。
今回はHotel JEN Orchardgatewayに投宿。JENなら間違いないし、 何と言っても幼少期の庭。部屋はシティビューだったかな。 コンパクトだけど快適です。
同じ施設内にあるフードコートでホッケンミー、サテー、 牡蠣の卵焼き。美味。
f:id:marik:20190320162247j:image
まさかのドンキまで完備するOrchard Gatewayおそるべし。氷結STRONGを探したけど、 さすがに置いてなかった。残念。しばしオーチャード散策タイム。 暑くなってきたところで、 ホテルに戻ってKappaちゃんとスイミングタイム。
オーチャードのJENのルーフトッププール最高だった。 香港のJENのプールの寂しい感じしか印象になかったので、 これは嬉しい誤算。わりと広いしこの眺め。
f:id:marik:20190320162302j:image
冷たいジャグジーで若干溺れかけ。
f:id:marik:20190320162316j:image
たっぷり遊んで部屋に戻ってシャワー浴びてお出かけ準備していた ら、NHK Worldで『いだてん』がはじまってしまった。 録画してきてなかったので嬉しい誤算。ごめん! これちょっとだけ見たい!とIにお願いし、 ドラマのバックグラウンドの説明と、 台詞の逐次通訳をしながらいだてん鑑賞。 ちょうどストックホルムの回だったので英語の台詞が多くて助かっ た。結局最後まで見てしまったんだけど、 嫌な顔もせず一緒に楽しんでくれるIがありがたい。この回、 播磨屋さんのあれで、 最初のバージョンではもう二度と見られないのねおそらく。


マリーナベイサンズ方面でなんか光のショーとか色々やってるみた いなので、 観光案内所に立ち寄って時間や行き方を教えてもらった。MRTの めっちゃスピードの速いエスカレーターに乗ると、ああ、 シンガポールに帰ってきたな、って思うよね。
マリーナ方面ってもうすっかり何が何だかわからなくなってて、 とりあえずデカい植物園方面で何らかの光のショーを楽しむ。 音楽が結構メジャーな曲を使いまくってて楽しいんだけど、 使用許諾とかどうしてるんだろう?とふと考える。まあいいか。
f:id:marik:20190320162330j:image
あともう一個、湾内でなんかやってるらしいのでそっちにもGo。 下に降りるの面倒で上からぼんやり眺める。
f:id:marik:20190320162344j:image
この時、あれ?マーライオンは?マーちゃんは?もう消灯? とちょっと寂しい思い。
近くのフードコートでラクサやハーカウなど食べてホテルに戻り、 もう波音が聞こえないのをちょっと寂しく思う。

f:id:marik:20190320162408j:image

 

 

南国デート 2日目: 謎のパーティ in バタム

ヴィラは半分だけ水上コテージみたいな作りになっており、明け方にふと目覚めると、波の音がサラウンドで聞こえて、この上ないパラダイス感に包まれながらふたたび寝落ち。明るくなって起きても、目に入るのは幸せなものしかない。ここ、あと3年くらいいたいな。

f:id:marik:20190318232750j:image

朝ごはんは、特に贅沢を言わなければ問題ないレベルで楽しめます。練乳たっぷりteh susuやkopi susuを飲むと、東南アジアに帰って来た感が盛り上がる。

部屋に戻ってIは洗濯&お仕事タイム。バルコニーで波音を聞きながら私はKindleで「82年生まれ、キム・ジヨン」を読む。まだ読み終わっていないので最終的な感想は述べられないものの、東アジアで女性として生まれ育った人間が感じて来た、たくさんのひっかかりが明確に言語化されていて、とにかく拍手したい。

f:id:marik:20190318232812j:image

3月末まで一ヶ月半の旅に出ているIだけど、インド滞在中に次の職場での仕事開始のオファーが届き、移動しながら論文の仕上げに取り組み、モントリオールの家を引き払う手続きとオタワの新居を探す作業を遠隔で行っていてわりと忙しげ。

真面目に仕事してるな、と思っていたら、部屋の中からちゃおチュールの歌を熱唱する声が聞こえてきて笑った。Iの得意な、ちゃおチュールに夢中で食らいつく猫の真似はとても可愛い。(ザ・知らんがなオブザイヤー)。あと、私が好きでよくお願いするのが、ジャスティン(トルドー)の物真似。英語バージョンとフランス語バージョン両方ともめちゃくちゃ似ててときめく(ザ・知らんがなオブザイヤー第二位)。

論文の修正終わったー!とビーチに繰り出し乾杯タイム。そして海で散々遊び倒す。あと3年ぐらいこの生活を続けたい。

f:id:marik:20190318233413j:image

My女優ハットとられた。

ビーチでだらだらしていると、前日に船で一緒だったインド人家族が登場。ハイテンションで写真を撮り続けていた。彼らの姿を見るともはや安らぎに似た気持ちを感じる。ハイティーをいただきに本館へ。またしょっぱいものと甘いものがいい感じに揃っていて美味しい。

f:id:marik:20190318232909j:image

そのままプールでだらだら。プールの中にバーがあるものの、人がいたことがないので、ホテルの中まで毎度Iがオーダーしに行ってビール運んでもらう。

f:id:marik:20190318232925j:image

プールサイドにテーブルが並び、パーティの準備が行われている模様。夕方になるにつれ、さまざまなコスチュームに身を包んだ人たちがプールサイドに集まりはじめる。意外と高いクオリティのコスチュームで、数名ごとにテーマを決めて揃えている様子。

 

やがて会場の着席案内のアナウンスが中国語で始まり、たまーにシングリッシュでも話しているのを聞くと、シンガポールの企業のパーティで、参加者全員の仮装必須でどのチームが最優秀賞かを決めるコンテスト込みらしく、道理でみな気合が入っている。我々のお気に入りは、白鳥の団体(オール男子)。

f:id:marik:20190318232944j:image

晩御飯は前日と同じシーフードレストランに。大好きなビンタンハイネケンは同じ会社が取り扱っていることが判明。デザインも似てるよね。

f:id:marik:20190318232958j:image

大好きなチリクラブ!幸せーーー!

f:id:marik:20190318233013j:image

そしてカラマリのフライが美味しすぎで二皿目を追加オーダー。イカのフライって、いろんな国の食文化に存在していて、いつも間違いなく美味しいよね、という世紀の発見。

 


酔い覚ましにホテル本館の方まで行くと、まだパーティが続いていた。みな結構飲んでるみたいだけど、べろんべろんに酔い乱れている人が誰もいないのがすごい。ニンジャタートルズの一員がひとり、かなり酔っていてぐったりしていたけど、非常に物静かで、仲間のニンジャタートルに支えられて去って行った。

ホテルの中庭で北京語のポップスがガンガン流れる中(23時。他の宿泊者、安らぐどころの騒ぎじゃないわね)、電飾がついた白鳥コスチューム男子たちが電飾の縄跳びで飛んでいる様子とか、ちょっとヤバい幻覚みたいな光景が広がっていて笑う。

f:id:marik:20190318233026j:image

さらに司会者が「フィナーレはsky lanternラー!皆、願い事書いて飛ばしてラー!」とアナウンス。めちゃくちゃ綺麗!

f:id:marik:20190318233054j:image

椰子の木が立ち並ぶホテルの中庭で火のついたランタンとか飛ばして大丈夫なのか心配しながら見てると、たまにホテルの客室のバルコニーに着地したりしていて、かなりのカオス。さらにホテルの屋上から花火が上がり(23時)、カオスの中でパーティは終わり。と思いきや、北京語のEDMで皆踊りまくっていて、さらにカオス。本館からちょっと離れたコテージ滞在で本当によかった。。。めちゃくちゃ面白かったけど。

南国デート1日目:HND-SIN-天国

深夜便のプレミアムエコノミーでぐっすり寝られたことが無いのに、懲りずにまた乗ります。すぐさま睡眠体勢に入るつもりが、うっかり見はじめた"Can You Ever Forgive Me?"がとっても良くて目が冴えた。苦いけれど、ほのかに希望を感じさせる大人の映画。コメディモードじゃないのが珍しいメリッサ・マッカーシーの独特の存在感が役柄にぴったりで、オスカーノミニーも納得。日本公開されないなんてもったいない。ボヘミアン・ラプソディ並みの猫ちゃん映画でもありました。

そしてそのままクレイジー・リッチ鑑賞に突入。シンガに向かう便で観るとひときわテンションが高まるね。

めっちゃ寝不足で5年ぶりのシンガポールに到着。36年前の3月、わたしが初めての外国暮らしに心細さでいっぱいでこの管制塔を見上げたその10日ほど後にモロッコで生まれた男の子と待ち合わせです。

f:id:marik:20190315212830j:image

2月の半ばにモントリオールを経ち、インドを放浪していたIからマジでハードで面白すぎるインド旅の報告が毎日入ってくるので、わたしもなんとなくインド酔いしていた日々。チェンナイから到着するIを迎えにT2へ移動。到着ロビーでぼーっとしてたらIが踊りながら登場。4ヶ月ぶりの再会。シアワセー!!

会うなり、インドを去る直前に入ったトイレでの衝撃事件の報告。 "A guy standing next to me peed on my feet"て。悪びれる様子もない、ごく普通の人だったらしい。最後まで鮮烈な印象を残したインド。

とにかく無事にインド旅終わってよかった!はじめての東南アジアへようこそ!まずは、一度試してみたかったチャンギの社食にGo!

f:id:marik:20190315212841j:image

ホッケンミーやクワイテオでシンガの味にご挨拶。

f:id:marik:20190315212912j:image

予定より早めのバタム島行きフェリーに間に合いそうなので、タクシーでTanah Merahのフェリーターミナルへ。太陽がぎんぎんに照りつける2階席には誰もおらず、ふたりの世界。Yay!

f:id:marik:20190315212928j:image

f:id:marik:20190315212941j:image

タイタニックごっこして遊んでたら、インド人ファミリーがどやどやとやって来ていきなり賑やかに。やっとインドから脱出したと思いきや、再びインドの空気に囲まれるI。ファミリーがひたすら写真撮影をしまくるのをずっと見守りながらバタムに到着。このマングローブ感やっぱり大好き!

f:id:marik:20190315212951j:image

ターミナルでBatam View Beach Resortのスタッフにパスポート預けてノーチェックで入国し、ホテルに向かう車の中でパスポート返却。インドで揉まれてきたIが「何このVIP感!別世界に来たみたい!」と感動していた。部屋の準備にあと2時間ぐらいかかるかもしれないので待っててー、とのことなので、とりあえずビーチに向かい、椰子の木陰のチェアに寝転がっててだらだら。

f:id:marik:20190315213352j:image

気づいたらふたりとも爆睡。そしていつの間にか太陽にガンガンされされていた足が真っ赤に。再びロビーに向かうと部屋の準備ができたらしいので、カートでバンガローまで送ってもらう。

 

5年前にここに家族で泊まった時は本館の普通の部屋だったのだけど、次回は絶対バンガローがいい!と心に誓っていたので嬉しい。そして当時はまさか、最高に素敵な男性と一緒に戻ってくることになるとは予想だにしていなかったので、より一層喜ばしい。

 


まずはとにかく、日本から持って来た氷結STRONGグレープフルーツ味を冷蔵庫へ!Iが日本に来た時にコンビニでジュースだと思って買ったこれを飲んだ時の衝撃がすごすぎて、彼の最愛ドリンクと化している飲み物。シャワー浴びてだらだらして、程よく冷えた頃に乾杯。

f:id:marik:20190315213413j:image

アフタヌーンティーが付いているとのことなので、道なき道をショートカットして本館を目指す。途中にマスター・ヨーダがたたずんでいた。

f:id:marik:20190315213457j:image

ロビーの横っちょのラウンジでお茶飲んでたら、猫登場。可愛い。

f:id:marik:20190315213508j:image

甘いもの&しょっぱいもののバランスが絶妙なプレート登場。どれも美味しい!!

f:id:marik:20190315213529j:image

食後はそのままプールへ。フェリーで一緒だったインド人ファミリーが登場し、賑やかに写真を撮りまくっていた。Iとのプールでの水遊びめちゃくちゃ楽しい。モロッコの内陸部で生まれ育ったけれど、プール大好きで子どもの頃から泳ぎまくっていたらしい。あまりのエンジョイぶりに、日本には河童という伝説の生き物がいること、そしてその名をそなたに授けよう、と伝えた。Kappaちゃん誕生。

日が暮れて寒くなって来たので私は上がったけれど、まだまだ水をエンジョイし続け、OK、もう出るよ、とプールから上がっては、Nooooot! とまた飛び込む、を繰り返すKappaちゃん。

f:id:marik:20190315213552j:image

f:id:marik:20190315213603j:image

心ゆくまで遊び倒し、ヴィラに戻って海が見えるシャレオツなお風呂にお湯ためてしばし温まる。

晩御飯は敷地内のシーフードレストランへ。広い広いレストランにお客は二組ほど。テーブルにあったナフキンで遊ぶ35歳児。後からきた別のテーブルの西洋人カップルの男性も同じことやってて笑った。

f:id:marik:20190315213615j:image

野菜や麺と、ガルーパの醤油蒸しをオーダー。間違いのない味。ガルーパを初めて食べたIがいたく感動し、この魚の名前フランス語でなんていうの?調べて!教えて!とすごい食いつきようだった。フランス語ではmérouらしい。

f:id:marik:20190315213716j:image

 

大荷物でやって来たこの旅に、唯一持ってくるのを忘れたのが虫刺されのかゆみ止め(そしてホテルの売店には置いていない&周辺に店はない)。かろうじて持ってきていた虫除けスプレーは使うのを忘れていた。えげつない数の虫刺されと共に部屋に戻る。人生初の天蓋付きベッド超素敵なんだけど、とにかく蚊を中に入れたくないという必死な思いが先立つ。

 

 

 

 

 

 

アクアマン

古今東西の面白い映画のいいところ全部つめこみました!ロマンスふわり、爆発ドーン!お魚バーン!爆発ドーン!決闘!突然の砂漠!イタリア旅情編!アーサー王!怪獣!舟盛りドーン!活き造りどうぞ!って感じのめちゃくちゃテンション高くてちょっとどうかしていて最高すぎる映画だった。大好きです。

そして何と言ってもモモアマン可愛い祭り。ゲーム・オブ・スローンズでカール・ドロゴを演じていた時、この役者さんは本当にドスラク語しか話さない騎馬民族の人なんだろうなあ、と本気で思っちゃうくらいハマってたけど、勘違いだった。モモアマンはアトランティスの女王と人間の間に生まれた方だったんだね。失礼しました。お父さん役の人めっちゃスターウォーズ顔、って思ったらジェンゴ・フェットだったのかー。

メリー・ポピンズ・リターンズ

エミリー・ブラントが空から舞い降りてくる映像の多幸感がクライマックス。映像も楽曲もめちゃくちゃ楽しいんだけど、音楽が今ひとつ心に沁み入らないのが惜しい。
初めてエミリーを見たのは、VOGUE編集部でメリル・ストリープにこき使われてる姿だったけれど、今やミュージカル映画で主演をはりメリルの親戚設定で一緒に歌ってるなんて、あの時の頑張ってた女の子が報われたみたいな感じでちょっと感動した。あと、ジェシカおばさん出てた!

ミスター・ガラス

かなり独特の角度から構築されたシャマラン版アベンジャーズ。「信じること」についての壮大な物語だった。カタルシスのないヒーロー映画。。。からのラストの展開に胸が熱くなる。スプリットからさらにパワーアップしたジェームズ・マカヴォイの演技がすごすぎた。マカヴォイ、恐ろしい子(白目)。フィラデルフィアに立つオオサカタワーという設定が、バブル期のダイハード(ブルース・ウィリスつながり)のナカトミ・タワーみたいで懐かしい。あと、妙にsalt baeについて言及してたのが面白かった。