南国デート1日目:HND-SIN-天国

深夜便のプレミアムエコノミーでぐっすり寝られたことが無いのに、懲りずにまた乗ります。すぐさま睡眠体勢に入るつもりが、うっかり見はじめた"Can You Ever Forgive Me?"がとっても良くて目が冴えた。苦いけれど、ほのかに希望を感じさせる大人の映画。コメディモードじゃないのが珍しいメリッサ・マッカーシーの独特の存在感が役柄にぴったりで、オスカーノミニーも納得。日本公開されないなんてもったいない。ボヘミアン・ラプソディ並みの猫ちゃん映画でもありました。

そしてそのままクレイジー・リッチ鑑賞に突入。シンガに向かう便で観るとひときわテンションが高まるね。

めっちゃ寝不足で5年ぶりのシンガポールに到着。36年前の3月、わたしが初めての外国暮らしに心細さでいっぱいでこの管制塔を見上げたその10日ほど後にモロッコで生まれた男の子と待ち合わせです。

f:id:marik:20190315212830j:image

2月の半ばにモントリオールを経ち、インドを放浪していたIからマジでハードで面白すぎるインド旅の報告が毎日入ってくるので、わたしもなんとなくインド酔いしていた日々。チェンナイから到着するIを迎えにT2へ移動。到着ロビーでぼーっとしてたらIが踊りながら登場。4ヶ月ぶりの再会。シアワセー!!

会うなり、インドを去る直前に入ったトイレでの衝撃事件の報告。 "A guy standing next to me peed on my feet"て。悪びれる様子もない、ごく普通の人だったらしい。最後まで鮮烈な印象を残したインド。

とにかく無事にインド旅終わってよかった!はじめての東南アジアへようこそ!まずは、一度試してみたかったチャンギの社食にGo!

f:id:marik:20190315212841j:image

ホッケンミーやクワイテオでシンガの味にご挨拶。

f:id:marik:20190315212912j:image

予定より早めのバタム島行きフェリーに間に合いそうなので、タクシーでTanah Merahのフェリーターミナルへ。太陽がぎんぎんに照りつける2階席には誰もおらず、ふたりの世界。Yay!

f:id:marik:20190315212928j:image

f:id:marik:20190315212941j:image

タイタニックごっこして遊んでたら、インド人ファミリーがどやどやとやって来ていきなり賑やかに。やっとインドから脱出したと思いきや、再びインドの空気に囲まれるI。ファミリーがひたすら写真撮影をしまくるのをずっと見守りながらバタムに到着。このマングローブ感やっぱり大好き!

f:id:marik:20190315212951j:image

ターミナルでBatam View Beach Resortのスタッフにパスポート預けてノーチェックで入国し、ホテルに向かう車の中でパスポート返却。インドで揉まれてきたIが「何このVIP感!別世界に来たみたい!」と感動していた。部屋の準備にあと2時間ぐらいかかるかもしれないので待っててー、とのことなので、とりあえずビーチに向かい、椰子の木陰のチェアに寝転がっててだらだら。

f:id:marik:20190315213352j:image

気づいたらふたりとも爆睡。そしていつの間にか太陽にガンガンされされていた足が真っ赤に。再びロビーに向かうと部屋の準備ができたらしいので、カートでバンガローまで送ってもらう。

 

5年前にここに家族で泊まった時は本館の普通の部屋だったのだけど、次回は絶対バンガローがいい!と心に誓っていたので嬉しい。そして当時はまさか、最高に素敵な男性と一緒に戻ってくることになるとは予想だにしていなかったので、より一層喜ばしい。

 


まずはとにかく、日本から持って来た氷結STRONGグレープフルーツ味を冷蔵庫へ!Iが日本に来た時にコンビニでジュースだと思って買ったこれを飲んだ時の衝撃がすごすぎて、彼の最愛ドリンクと化している飲み物。シャワー浴びてだらだらして、程よく冷えた頃に乾杯。

f:id:marik:20190315213413j:image

アフタヌーンティーが付いているとのことなので、道なき道をショートカットして本館を目指す。途中にマスター・ヨーダがたたずんでいた。

f:id:marik:20190315213457j:image

ロビーの横っちょのラウンジでお茶飲んでたら、猫登場。可愛い。

f:id:marik:20190315213508j:image

甘いもの&しょっぱいもののバランスが絶妙なプレート登場。どれも美味しい!!

f:id:marik:20190315213529j:image

食後はそのままプールへ。フェリーで一緒だったインド人ファミリーが登場し、賑やかに写真を撮りまくっていた。Iとのプールでの水遊びめちゃくちゃ楽しい。モロッコの内陸部で生まれ育ったけれど、プール大好きで子どもの頃から泳ぎまくっていたらしい。あまりのエンジョイぶりに、日本には河童という伝説の生き物がいること、そしてその名をそなたに授けよう、と伝えた。Kappaちゃん誕生。

日が暮れて寒くなって来たので私は上がったけれど、まだまだ水をエンジョイし続け、OK、もう出るよ、とプールから上がっては、Nooooot! とまた飛び込む、を繰り返すKappaちゃん。

f:id:marik:20190315213552j:image

f:id:marik:20190315213603j:image

心ゆくまで遊び倒し、ヴィラに戻って海が見えるシャレオツなお風呂にお湯ためてしばし温まる。

晩御飯は敷地内のシーフードレストランへ。広い広いレストランにお客は二組ほど。テーブルにあったナフキンで遊ぶ35歳児。後からきた別のテーブルの西洋人カップルの男性も同じことやってて笑った。

f:id:marik:20190315213615j:image

野菜や麺と、ガルーパの醤油蒸しをオーダー。間違いのない味。ガルーパを初めて食べたIがいたく感動し、この魚の名前フランス語でなんていうの?調べて!教えて!とすごい食いつきようだった。フランス語ではmérouらしい。

f:id:marik:20190315213716j:image

 

大荷物でやって来たこの旅に、唯一持ってくるのを忘れたのが虫刺されのかゆみ止め(そしてホテルの売店には置いていない&周辺に店はない)。かろうじて持ってきていた虫除けスプレーは使うのを忘れていた。えげつない数の虫刺されと共に部屋に戻る。人生初の天蓋付きベッド超素敵なんだけど、とにかく蚊を中に入れたくないという必死な思いが先立つ。